竜巻に関しての注意事項

●竜巻(Tornado)にご注意を!

米国では毎年春季から夏季にかけて特に南部及び中西部において大規模な竜巻が発生しやすく、被害が甚大になる場
合も少なくありません。コロラド州では昨年6月に北部で家屋や建造物を損壊させる竜巻が発生しています。
竜巻が発生しやすい地方に旅行・滞在される方は、最新の竜巻情報の入手に努め、警報が発出されている場合には、
同対象地方に行かないよう、または、そこから退避するよう十分にご注意ください。

1.竜巻の兆し
(1) 空が急に暗くなる。
(2) 大きな黒い雲が低く覆い始める。
(3) 大粒の雨が降り出す。
(4) 雷鳴がとどろく。

2.竜巻が遠くに見えたら
(1) 逃げる準備を直ちに始める。
(2) 竜巻は一つとはかぎらないので、周囲を観察する。
(3) 周囲の人々に警告し、同地域のラジオ・テレビ局に通報する。

3.竜巻に遭遇したら
(1) コンクリートなどでできた頑丈な建物の中に避難する。(二階以上は飛ばされる虞があるので、一階へ。地下があれば地下へ。)
(2) 頑丈な建物がなければ、水路やくぼみなどに身を伏せ、両腕で頭を守る。
(3) 屋内では、窓から離れ、エレベーターは利用しない。
(4) 自動車、車庫、物置、プレハブなどはかえって危険である。
(5) 大スバン構造の建物(体育館、映画館、ショッピングモールなど)も危険である。
(6) 木立の多い場所は避ける。

外務省海外安全情報(スポット情報):竜巻についての注意喚起(米国)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C077

Centers for Disease Control and Prevention:Tornados
http://emergency.cdc.gov/disasters/tornadoes/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中