ついムカ・イラで手を出しそうに・・・

気軽なタッピング紹介・体験会にて、3児のママとトントンする機会が与えられました。

7歳の長男がワーンワーンって騒ぐと、ついついカッとなって手をあげたり大きな音を手で立てちゃう、でも子供が怯えるようになってきているのがわかるから辛い、だから手をあげるのをやめようとしているのだけど、手に力が入って行き場がない、ということで、まずは

「ついカッとしちゃうけれど、自分を愛し受け入れます」でトントン。

次に、あ、これって、他の人に自分がダメな親だって責められたくないからなんだ、いい親、って思ってもらいたいその根底には、いい子って思ってもらいたい、っていう気持ちがあるんだ・・・責められるのが怖いんだ・・・との気づきが。

「周りに責められるのがイヤ、という感覚が手にあるけれども、自分を愛し受け入れます」でトントン。

もう一、二回ほど、何かトントンした気がするのですが、詳細を覚えていなくてごめんなさい。でも、再度、長男が取り乱しているところを想像してもらい、どのように反応するか聞いたところ、「もう抱きしめてあげたい、だって、それしかないじゃない?」とのお答えが。反応がガラッと愛に溢れるものに変わりました。

なぜ手をついあげてしまうかというと、それは長男のしつけができていない、なんていう親なんだ、っていう「責め」から自分を守るための手段だったんだ、っていう気づきがあったこと。「いい親」(過去満たされなかった『いい子』)でいるためには、手をあげるべき、という思い込みがあったことに気がつき、その意識を、意識的に改革したことによって、このような変化が生み出されました。

翌朝、感想を共有してくださいました。

「みつこさん昨日はありがとうございました。朝起きて1番外側の痛みは全てきれいになっていました。
 私の中で押し込めてきたものをすべてきれいに、生まれたての自分に戻る位に手放して痛みを取りたいと言う強い信念があるので、これからもそこから痛みが湧き上がってくる事はもちろんあるとわかっています。ただ、今まではなんとか痛みを取りたいと物理的に痛みを取り除くことにフォーカスしていて(鍼灸など)、自分自身の心のトゲを抜くような作業はできていなかったような気がするのです。でも昨日、タッピングで自分自身の心に呼びかけること、とげそのものに触れて取り除くような作業をしている感触がありました。
 そして、その後に出てきた、怒鳴られたり叩かれようとしたりすることから自分自身を守る動作によって、自分が右腕に受けていた痛みが、肩甲骨の痛みと直結していることに気づきました。その痛みを自分で、昨日の方法を使って、自分の言葉で取り除くことができました。
 これにはとても驚き、本当にできるんだと言うことにただただびっくりしました。昨日はみつこさんの言葉を追いかけている自分の中でまだなんとなく気恥ずかしい気持ちがありましたが、今日3度目をやってみたときには、心からその必死で自分を守ろうとしたその時の自分に対して励ますように愛情を持って話しかけることもできて、本当に自らを愛し許すと言うワークが、理屈でなく実践できていたと感じます。」
お母様ご自身が楽になるだけでなく、次世代への負の連鎖を断ち切る道具としても、とても強力ですね。
気の通るとされる経絡は、呼吸器系、循環器系、などと似たような、気の循環系(?)の一部なので、まだ科学的に十分に認識されていないものです(西洋ベースの人たちには)。
でも、悪玉・善玉が循環器系に影響を及ぼすように、タバコや綺麗な空気など、何を吸うかで呼吸器系、ひいては全身に影響があるように、どのような感情や記憶を体内に止めておくかで、気の流れが影響を受けるのです。
考えてみてください。気が塞がっている人、元気いっぱいな人、なんとなく陰気な人、陽気な人、などなど。気を自己メンテナンスできることで、人々の生き方、社会のでき方が変わってくるのは必至です。
聖書の中でも最も大切とされている「信仰・希望・愛」にアクセスできるかどうかというも、気の詰まりを取り除くことで(幼少体験などを処理することで)変わってくるのだと確信しています。
彼女はまた、このような洞察もくださいました。
「ここからは実体験の報告ではなく、感想になりますが。実際に体に痛みや不調を抱えたり、気の流れが悪くなるまで自分を追い詰めてしまっている人にとって、自分を許し愛すると言う事は、とてもとても難しいことで、そのことによって自分自身が自らを助けるそして成長させ、輝かせることができると言うことを、納得し行動し、それらを信じると言うことが、できるまでに大多数の人が、気が遠くなるほどの時間を費やすと思います。それができずに死んでいく人もたくさんいます。
祈りと調和と愛の力で次世代の子供たちに教訓を残すために教え導き共に歩む使命を、この世に生きる者として、今これからの人生をしっかりとした役目を持って生きる人間であることを強く望んでいます。」
このような方愛に溢れた方だからこそ、もう気になっていた気詰まりを取り除きたいという準備がたくさんされていた方なので、私も驚くような速さで、改善されたのだと思います。大変貴重な体験をさせていただき、ぜひ共有したく載せました。
感謝しつつ
広告

「不安が襲ってくる」をトントン

「今週はちょっと忙しいから、来週の火曜日はどう?」って勧めても、どうしても今日がいい、じゃ、これから行くから、とかなりの強い調子で電話をしてきたクライアントさん。

「ここのところ、不安がどんどん強くなってきていて、このままにしておけないの!」と。EFTで検索して、45分の距離ならどうってことないって勢いが良いのに載せられ、早速会うことになりました。

「この2−3年、飛行機に乗っているのと心臓の鼓動がドンドン強くなって息苦しくって。。。最近はエレバーターや映画館もいてもたってもいられなくて・・・、これって普通じゃないでしょ?」と、会うなり怒涛のように言葉が出てきます。

「コントロールが効かないことに対する不安」が主題でした。

体の感覚としては、胸部の締め付け、肩の緊張、喉の緊張・・・一番目立つ胸の苦しさをトントンして少し柔らげると、喉も同時に随分楽になりました。肩の荷もおろしましょうとトントンしたら「不思議〜」と体がズーッと椅子に沈むようにリラックスしていくのがわかります。

このように、飛行機に乗った時、不安を感じた時、トントンしたらいいんですよ、ってお伝えするのが第一段階。

第二段階:過去の記憶。ありました。5歳ごろのこと。お父様が幼い時に亡くなられ、その後にある出来事から守ってくれなかった、という悲しみ、怒り、無力感。その感覚が何度も繰り返されたことを本人もよく確認していました。ただ、それが現在の恐怖につながっていることには気がつかず。

そこで、幼い自分を思い出しながら、当時表現しきれなかった様々な気持ちを、色々な人に対する感情を、閉じ込められて、秘められていたもの口にしながら、吐き出しながら、トントンしました。

一通り終わると、「強烈だわ〜、あんなにたくさんの感情が篭っていたなんて・・・」とスッキリした表情で帰って行かれました。

 

ワンちゃんたちにもトントン・リラックス効果あり!

犬の成功率は、実は、私自身は50%。というのも、2件のうち、1件は我が家の老犬(17歳)一向に落ち着きませんでした。

でも、近所のお家でもらわれてきたワンちゃんの場合、ひどい男性不信だったのが、試しに3分トントンしてあげたら、「シュルー」って緊張が見る見る解けて、リラックスしていき、飼い主がびっくりしていました。居合わせた我が家のティーンエージャーも、「That was creepy…(嘘みたい)」って言ってました。

以前からの獣医の友人に話しをしてみまたら、このようなお返事をいただきました。

さて、EFTですが、オンラインで調べてみました。ユーチューブでも動画がいくつかあり、まさにツボトントンですね。 効果はどんなものか?と動物病院で不安と緊張に怯えている犬達にトントンしたら、落ち着いて大人しくなりましたよ。

今後もっと件数を重ねるごとに比率が良くなっていくと、確信しています。

気の流れをよくする簡単・便利ツール

長男がひどい食べ物アレルギー(アナフィラキシー)や喘息を持って生まれ、ボストンの著名な病院や医師にみていただくも、とくに解決手段は無いというもどかしさが、東洋医学への関心の源だったような気がします。生後一年で3回もERに駆け込み、ピーナツバターの含まれたおやつを食べた子が遊んだ遊具に触れただけで長男が蕁麻疹アタックに襲われるし、2時間と続けて寝てくれないし、常に機嫌が悪い(ように感じられる)し、もう疲弊しきっていました。
家族は日本だし、たまに遊びに来てくれたとしても、本当にそのありがたい助けも束の間。どんどん自分のエネルギーが低下していくのに行き場がない。そんなジレンマに陥る私にとって救いだったのは、鍼、また東洋医学的な観点だったと思います。そして、随分とあの頃から「気」に関する本や資料を読んでいたようにおもいます。
その後、マッサージセラピストの資格を取り、クライアント様の体を直接触れる機会が多くあるなか、ある時気が付きました。「このツボ、このコリ、なんだか動いてる・・・」って。筋肉や神経に関する多少の勉強はしたのですが、このコリのほぐれる道はちょっとそれと似て非なるものでした。色々調べていくうちに、東洋医学の経絡図に行き当たりました。そして、その描かれているラインと、私がクライアントのコリをほぐしていくのが大変よく似ていることに気づき、東洋医学との再会を果たしました。実は鍼灸師の学校があったら行きたいとは思っていたのですが、私の住んでいるジョージアには、その当時はありませんでした(今一つ作られようとしているかもしれません。)
ますますの『気』に関するマイブーム、もうちょっと考えたり調べたりして、EFT・感情解放テクニックス・Emotional Freedom Techniquesなるものに行き当たりました。「これはいいかも!」って思って早2年。(でも不思議なことに、メールを整理していたら、13年前にもメーリングリストに登録していた事を発見。)いよいよ資格まで取ってしまいました。面白くて仕方がないのです。
EFTのベネフィットとしては:
簡単なツボ・トントンで、ストレスを瞬時に和らげることができること。
もっと積み重ねてやっていくと、深いところの悲しみや苦しみの原因にも意識が到達し(潜在意識とつながる、というのでしょうか)、
そのブロックをプロセスすることによって、囚われの感情から、解放されます。
恐怖症やトラウマに驚くほどの効果もあります。それゆえ、精神科医の間で着目されています。
今では色々な使い方が発案されています。オリンピック選手がタッピングしていたりすることもあります。とにかく、まずは、緊張を解く作用が強いのです。
「気」が塞がりがちな方、「気」の流れをアップしたい方、「気」力をもっと充実させたい方
「気」が落ち込みやすい方、「気」に障ることが多くて困っているかた
本当にオススメです。

職場の人に対するイライラ

「社内メールが回ってくる度に必ず一斉返信する人がいて、いっつもイライラしちゃうんです・・・もう、ホント、たまらないの!みんなも影でコソコソ悪口言うし、彼もなんでいつもいつもそんなこと繰り返すのか、よく分からないし、頭くるんだよね・・・」というのが今回のセッション最初のタッピング・テーマでした。職場では、嫌だなーって思っても、場を変えるというわけにはなかなか行かなくてストレス貯まることありますよね。

「体のどこが反応するの?」と聞くと、まずは目の当たりに痛み。
「みんなが彼の悪口をいうのもたまらなくてね。。。」っていいながらトントン。

次に「なんだかみんなの気を引こうとするのが気に障るのかなぁ」と自己分析しながらトントン。

「今こめかみの辺り・・・・・だんだん頭の上から抜けていく感じ・・・」

3−4周くらい「体の反応は?」を繰り返していくうちに、気持ちがすっきりしてきました。

再現して「社内メールがまわってきました。彼が返事します。みんなはあんまり良い反応しない・・・で、今の反応はどう?」

「なんてことないわ、全然気にならない。」ケロッとして言います。(チャンチャン)

このクライアントさんは、本人も兄妹とともに、幼少期に性的虐待を受けたことがあり、前回は兄妹の被害を思い返すとえぐられるように悲しい、というテーマでトントンしました。その後、そのことに関する傷は随分癒え、気持ちが楽になったとのこと。「あんなにパワフルな変化が起きるなんて、侮ってました・・・あのセッションの後、一週間はもうだるくてだるくて、何十年分も溜まっていた疲れがどっと出たようでした。でも今は大丈夫」と笑顔で教えてくれました。

そろそろ次回のセッションではご本人の体験のトラウマ解放に着手しようかと話をしています。
日常的にもトントンしているこの方、きっとまたスッと楽になってもらえると嬉しいなと思います。

つまずき、マインド・ブロックを外す

真相解明!成功法則の真実」という興味深い対談がオンラインで流されていました。

あと数日たったら取り下げるとのことでしたが、もし興味があれば覗いてみてください。

取り上げられていたことの一つテーマに、生い立ちによる「人格形成、意識の形成」がありました。大人になったらなかなか変わらない、っていうふうに思われる方いるかもしれませんが、それは、同じパターンを繰り返すことに安住している間はその通りでしょう。でも、「変わりたい!」って決断した時、変わる方法が最近あることがわかってきました。私が思うその過程を紹介したいと思います。

1:現状の何に不満なのか、はっきり認識する。

2:ではそうではなくて、どう変わりたいのか、はっきり目標を定める。

3:目標に向かっていく、具体的なステップを考えていく

4:途中、何かにつまずく(ことが自然とでてくることでしょう。)

5:その「つまずき」の原因をじっくりと観察、掘り下げ、根っこから変える

6:根っこから変われば、その上に育つ木は違ってきます。

簡単なようだけど、5番目で引っかかることが多いでしょう。でも、そこでEFTなどを利用することにより、変化が起きうるのです。(本当に!)

例えば。。。(クライントさんからの実例です)

1.自分に自身が持てない、自分の決断に自身がもてない、その原因の一つに幼少時代からの母からから受けた言葉と、今に続く姉と義兄からの批判的な視線がまとわりついているから。「そんなことやったって意味ないよ」「絶対無理無理」「そんな考えでうまくいくわけないでしょ」など。

2.自分を信じてまっすぐに突き進みたい!サポートしてくれない声を断ち切りたい!影響されないですむようになりたい!

3.踏み出そうとする。。。

4.でも、また例の声が執拗に頭に響いてくる。。。。(そしてそれを信じてしまいそうな自分を認識)。これが彼女のマインド・ブロック、つまずきです。

5.取り外す作業に入ります。「本当にそれは自分の声なの?それとも、彼らの視点、彼らの思い込みなの?本当に彼らが言っていることは正しいの?」EFTのトントンをしながらじっと考えてみると、クライアントさんはそれはあくまで彼らの生い立ちから作り上げられた一つの意見・視点であるに過ぎないこと、それがクライアントさん自身の意思決定に影響を及ぼす必要がないことを確認。

6.クリアになったところで、「今そう言われたらどう思う?」と聞くと、クライアントさんは「バカバカしい、あの人たちの勝手な思い込みよね」ってすっきりとした表情で答えてくれました。今後はもっと自身をもって前に進んでいけること請け合いです。もしまた別の言葉が頭に浮かんできたとしても、トントンする術を身につけているので、少しずつ、余計なものをそぎ落としていけることと確信しています。


facebook.com/EFTforPhobias

 

 

ストレスと体の痛みとEFTの関係

腰痛・肩こり・顎関節症と、様々な体の悩みを助ける足圧整体をさせていただく中で気がついたのは、ストレスと身体症状の関係。過度のストレスが良くないのはよく知られていること。では、すでにあるストレス、自分の力だけでは変えられない、逃れられない中で、そこから自分に何ができるか。いろいろと探っていくうちに、感情解放テクニックス・つぼトントン療法、または英語名 Emotional Freedom Techniques(EFT) なるものに出会いました。 このEFT(感情解放テクニックス)ですが、東洋医学と西洋心理学の究極の合体、とでも言えましょう。頭部や上半身の数カ所のつぼをトントンしながら、ストレス、イライラや不安など、嫌な感情などを思い起こしながらトントンすることで、不思議なことに気持ちが落ち着く、嫌な感情から解放される、そういったものです。(つぼの位置は図を参照) 一年ほど前に出会って、試してみる価値ありとは思いつつも、半信半疑でクライアントさんたちに協力してもらい、一緒にトントンしました。「これ意味ない」という反応をいただいたのは一人だけで、圧倒的多数の人は「気持ちが楽になった」「昼寝したい感じ」「不思議ー!」との反応をいただきました。 脳科学分野での説明では、特に百会(頭のてっぺんのつぼ)に鍼刺激することによって、脳幹の野性的反応、アドレナリンの急激な分泌を伴う逃げるか戦うかという本能的な反応が押さえられるという研究結果がハーバード大学より発表されています。(正確にはこれは鍼の効果を研究したもので、EFTのトントンとは違いますが、使うつぼは同じです。) 東洋医学を受け入れられることのできる方には、脳科学的な説明でなくても、体のバランスが極端に崩れること(過度のストレス・不安・悲しみなど)を、経略を刺激することによって、自分でバランスを取り戻しやすくするという説明でも十分でしょう。 つぼの概念を持ち合わせている日本の方にはどのように受け入れて頂けるのか、興味のあるところです。当方在住しているあたりにはアジア人は少ないため、日本人の私が言うと、「へー、そんな見方があるもんか。。。」と、奇異、異色、珍しい、。。。けれど、ちょっと納得、というような反応が多く、楽しく共有させていただいています。 EFTはもちろんどんな方にも大変有効。人によってはビジネスを成長させるために使ったり、能力開発に用いたり、本当に可能性は限りなしです。でもまだちょっと信じられない。。。という方で効果を感じやすいのは、以下の様な方でしょうか。 1 涙もろい方、繊細な方、など(感情のコントロールの道具として) 2 辛い記憶や感情にさいなまされている方(気持ちが楽になるツールとして) 3 楽になりたい、なれるはず、と思う方(勉強の価値、大です) ストレスが大きければ大きいほど、痛みが大きければ大きいほど、解放度も大きく、感じやすいように思います。私はこの過去半年ほど、恐怖症(蛇、高所、閉所など)の方を対象に活動してきました。楽になる度が大きいほど、やりがいが感じられる気がするからです(自己満足ですね:)みなさんが一度のセッションで完治するわけではありませんが、25年も悩ませれていたのに、一生恐怖症と生きていかなきゃいけないって思っていたのに、こんなに変われるなんて不思議!ってご好評いただいています。 ちょっとでもこの記事が読者の方に希望をもっていただけるものとなれば、幸いです。

竜巻に関しての注意事項

●竜巻(Tornado)にご注意を!

米国では毎年春季から夏季にかけて特に南部及び中西部において大規模な竜巻が発生しやすく、被害が甚大になる場
合も少なくありません。コロラド州では昨年6月に北部で家屋や建造物を損壊させる竜巻が発生しています。
竜巻が発生しやすい地方に旅行・滞在される方は、最新の竜巻情報の入手に努め、警報が発出されている場合には、
同対象地方に行かないよう、または、そこから退避するよう十分にご注意ください。

1.竜巻の兆し
(1) 空が急に暗くなる。
(2) 大きな黒い雲が低く覆い始める。
(3) 大粒の雨が降り出す。
(4) 雷鳴がとどろく。

2.竜巻が遠くに見えたら
(1) 逃げる準備を直ちに始める。
(2) 竜巻は一つとはかぎらないので、周囲を観察する。
(3) 周囲の人々に警告し、同地域のラジオ・テレビ局に通報する。

3.竜巻に遭遇したら
(1) コンクリートなどでできた頑丈な建物の中に避難する。(二階以上は飛ばされる虞があるので、一階へ。地下があれば地下へ。)
(2) 頑丈な建物がなければ、水路やくぼみなどに身を伏せ、両腕で頭を守る。
(3) 屋内では、窓から離れ、エレベーターは利用しない。
(4) 自動車、車庫、物置、プレハブなどはかえって危険である。
(5) 大スバン構造の建物(体育館、映画館、ショッピングモールなど)も危険である。
(6) 木立の多い場所は避ける。

外務省海外安全情報(スポット情報):竜巻についての注意喚起(米国)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C077

Centers for Disease Control and Prevention:Tornados
http://emergency.cdc.gov/disasters/tornadoes/

厳寒・アトランタ

今日は降雨+氷点下対策で、うちの子供達はみんな2時間早く学校切り上げです。
明日は街全体、シャットダウン。坂が多くて、雪対応できていない南部の比較的な温暖な街でたまに起きる現象です。
天気が良ければ問題ないのですが、雪はすぐに溶けるし、路面が凍ると、危険なのでということでしょう。
2年前にも似たようなことがありましたが、その時は「帰りなさい」連絡が遅く、高速道路で車たちが立ち往生したり、その結果帰宅途中の子供達も家に戻れずバスで一泊せざるを得なかったりという話がありました。
今年はその教訓から、もう少し早めの対応で、良さそうです。