Rhea Lana’s Children’s Consignment Sale

10月6日から10日まで、Rhea Lana’s Consignment Sale なるものが催されます。随分と大規模な、子供用品の中古マーケットのようです。状態の良い、きれいなものがたくさんある方は、子供用品を処分するチャンス!私のようなケチケチショッピングが好きな方は、お得に良いものが買えるチャンス!

いくつか参加の方法があります。

  1. 買い物客としていく
  2. 出品する。今からホームページで登録できます。一日早く入場、買物ができます。
  3. ボランティアする。これも今から登録可。出品者と同様、一日早く入場、買物ができます。

場所はこちら:North DeKalb Mall

 

広告

ご案内:Springtime Cooking Workshop

ジョンソン睦子さんによる、マクロビオティックお料理教室のご案内です。「玄米菜食」「穀物菜食」「自然食」「食養」「正食」などでも知られる日本初の食療法です。改めて日本特有の食文化、その強みを再確認できるこのワークショップに、多くの方のご参加をお待ちしています。以下、睦子さんより。

−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–

皆様はじめまして。ジョンソン睦子と申します。
緑に包まれたアトランタに暮らすのも、20年余となりました。
我が家では、マクロビオティック料理を続けて30年以上になります。失敗や、チャレンジもありましたが、大人になった5人の子供達は、全員自宅でお産婆さんのお手伝いによって生まれ、皆元気にしております。私は、40年近く病気でお医者さんにお世話になったことがありません。歯医者さんは、別ですが、、、。

玄米をはじめとする、ホールグレイン、日本伝統の麹による発酵食品、季節のなるべくオーガニックの野菜、海の幸と山の幸を取り入れた家庭料理は私達の健康を維持してくれます。体を大切にしたいと願います。

この度、ヨガと太極拳を習っている Decatur Healing Art で、マクロビオティック料理のクラスをさせたいだきます。日本人の私達には、なじみの深いものですが、例えば、調味料、塩、味噌、醤油、みりん、食用油等をナチュラルなものに換えられると、体にはとてもいいと思います。私達の体は、一人一人異なります。ご自身やご家族の体調にあわせて料理ができるというのが、家庭料理のすばらしさだと思います。ご興味がおありでしたら、是非お気軽にご参加ください。

日時:5月19日 1時 から 4時
場所:Decatur Healing Art
619B East College Ave
Decatur, GA 30030
電話:(404) 378-6288
費用:$35

どうもありがとうございます。
五月晴れのさわやかな日に。

ジョンソン睦子
(404)  518 5068

−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–−–

詳細:ワークショップのチラシ

電子機器リサイクル 於:デケーター高校

春(3月)秋(9月)、年二回ある恒例のリサイクルイベントです。

日時:10月29日 午前9時〜午後1時
場所:デケーター高校駐車場 (ハワード通り&マクドナウ通り角)

携帯電話、カメラ、コンピューターや周辺機器を無料で、テレビは一台につき10ドルにて回収します。
ゴミの埋め立てを減らし、公害物質による汚染を減らし、再資源化できるものはするのが目的です。

<無料回収が可能なもの>
デスクトップ、電話、電話周辺機器、ノートブックパソコン、計算機、モニター、サーバー、タイプライター、ワークステーション、ラベルメーカー、キーボード、コピー機、マウス、ファックス、ジョイスティック、留守番電話機器、プリンター、プリンタカートリッジ、デジタルカメラ、ジップドライブ、電池、スピーカー、PDA、ポケベル、ビデオ機器、DVD機器、ルーター、スキャナー、リモコン、プロジェクター、ステレオ、ラジオ、CDプレーヤー、携帯ゲーム機器、ケーブル、ナビ機器、電気芝刈り機等

<回収不可な物>
電子レンジ、家具、照明器具、掃除機

<よくある質問ー原文のまま>
Frequently Asked Questions About Decatur’s Electronics Recycling Day

Q: How often is electronics recycling available?
A: Twice a year, in spring and fall on a designated Saturday morning. Please check back for the updated Vehicle Traffic Plan before the event in order to ensure a short wait and a quick drop-off.

Q: Is this limited to people who live in Decatur?
A: No, anyone may participate, including businesses and institutions from the entire metro area.

Q: Can I drop things off a day early?
A: No. Saturday morning, as advertised, is the only time we can accept your electronics.

Q: What else can be recycled at this event?
A: Currently, we recycle electronics and batteries of all kinds. Check this web site shortly before each event to see what we are accepting.

Q: Why should I recycle electronics?
A: Computers, printers and other electronics contain potentially dangerous chemicals such as mercury and lead which can be toxic to living things and human health if allowed to leach into our ground water from a landfill. Precious metals can be extracted from some items, thus reducing the environmental destruction of mining.

Q: What kind of recyclables can I bring?
A: Desktop or Laptop computers , Telephones, Mini-towers, Telephony equipment, Adding machines, Monitors, Calculators, Servers, Typewriters, Workstations, Label makers, Keyboards, Copiers, Mice, Fax machines, Joystick game controllers, Answering machines, Printers, Printer cartridges, Digital cameras, Zip drives, Batteries, Speakers, PDAs, Pagers, VCRs, Hubs, DVD players, Routers, Cable converter boxes, Scanners, Remote controls, Digital projectors, Stereo equipment UPS units, Radios, Main frames, Portable CD players, Component parts, Portable game players, Cables, GPS receivers, 3-in-1 devices, printer/copier/fax machines. Other Items: Any kind of battery.

Q: Does this stuff need to be packaged?
A: No. It is easiest for us if the items are not boxed or bagged. If you want to go the extra mile, clip power cords and bring the cords and equipment.

Q: Is there anything I can’t bring?
A: We cannot recycle microwave ovens, furniture, light fixtures, household appliances, lamps, or vacuum cleaners. Please do not bring old paper owner’s manuals.

Q: Is this stuff really recycled?
A: Yes, we vet the companies that assist us to be sure everything is recycled. responsibly, without being dumped around the globe. Our main vendor states “Bionew USA Corporation will dismantle all of the materials received in the United States down to the bare component, be it plastic, metal, circuit boards, CRT tubes, and any other e-waste/scrap, then the materials are sent downstream for recycling. Bionew has a zero waste corporate policy ensuring that none of the material brought into our facilities for recycling will end up in a landfill either domestically or internationally.” Some items such as cell phones may be refurbished and re-used.

Q: Can someone read the data on my hard drive?
A: It is your responsibility to clean your hard drive with one of the programs available commercially or for free on the Internet. Owners should be aware that there are risks of private or other information being pulled from laptop drives, and that therefore the donor assumes such risks and waives all liability for any potential disclosure of private, personal, financial, etc. information that may be extracted from the laptop by third parties who end up with the laptop, etc.

Q: Is there a charge to drop things off?
A: There is a $10.00 cash only exact change only for Televisions.

Electronics Recycling Days are held in March and October.

For additional information call:
Sean Woodson
Solid Waste Superintendent
678-898-8562

不在時のおまわりさん訪問

デケーター市内の住人に朗報です。
長期に渡って家を空けるなどの不在時に、おまわりさんに巡回ついでに寄ってもらえるシステムがあります。

Out of Town House Check

ちなみに、この街でのおまわりさんの存在感は絶大です。引っ越して来て2ヶ月以内に、私も2度止められ、合計200ドル以上もの罰金を払うはめになりました。。。。(一度目は、勘違いの信号無視、ニ度目はライセンスプレートの更新が一ヶ月遅れていたから)

税金がとても高い街。でも、常にどこかにいるおまわりさんたちから得られる安心感(自分もつかまるけれど)、そしてキンダーガーテンから高校まで安心の学校システムのためなので、喜んで払わせていただきます。

デケーター・メトロ紙(オンラインブログ)

デケーター・メトロとは、個人の地元ネタ・ブログの優秀作品ですが、人々のオンラインでの交流がまたおもしろく時折はまります。

例えばこの記事、というより写真&人々のコメント

「子供のセール」

本来は子供用品の大規模ヤードセールとの意ですが、それを「子供を売ります」と取って、人々が「下取り交換は可能?」とか「僕は皿洗い機能付きが欲しいから、朝一で行かなきゃ」とか、おもしろがって次々書き込むのです。

あーおかしい!

Decatur Arts Live − F.AVE(4&5年生の学校)にて

「デケーターに住んで、そこから一歩も出ない人もいる」と噂には聞いていましたが、本当にこの小さな街、色々揃って充実しています。
日用雑貨食糧店、お医者さん、学校。。。その位は以前の小さめの田舎街でも揃っていましたが、ここが都会だなと想わされるのは、文化的行事の多さです。

息子の小学校で、昨年に続き二回目の ”Decatur Arts Live”が開催される予定です。何人か呼ばれて出し物があるのかな、と思い、リンクをたどってみると。。。。あけてびっくり玉手箱。ざっとこんなに長いリストが出てきました。。。。

D’vine         – African-American inspirational and patriotic music trio
Manga African Dance – African Dance
Dave Holland – Educator, performer, drummer
John Jaramillo – Native American dance and music
Rob Cleveland – Storyteller, comedian and actor
Laughing Matters – Improvisational comedy troupe
Nella Rigell – Harpist
Cathy Kaemmerlen – Storyteller and actress
Kay Rosenblum – Acting and storytelling
Andy Offutt Irwin – Musician and storyteller
Synchronicity Theatre – Threater ensemble
Ron Anglin – Educator and juggler
Gateway Performance Productions- Mime, dance, acting and pupptery
Holly Stevenson – Actress, storyteller, actor, writer and singer
Celtic Fire – Irish music and dance
Lisa Chyn/An Fong Dance Ensemble – Chinese dance
Sherry Norfolk – Storyteller
Chetter Galloway – African and African-American storytelling and drumming
Tersi Bendiburg – Hispanic culture and storytelling
Pickleshoes – Dance and performing arts
Barry Stewart Mann – Actor, storyteller, writer and educator
Aire Flamenco – Flamenco Dance
Marty Barrett & Pat Bell – Storytellers, actors, and educators.
Vega String Quartet – Chamber music string quartet
Capitol City Opera – Fully staged and costumed opera for children
Sapien – Stories and traditional music from around the globe
Wendy Bennett – Singer, storyteller, puppeteer
Jeff Johnson – Musician and educator

Artists
Sylvia Cross – Teacher, writer and painter
Karin Mervis – Community murals; acrylic, mixed media and encaustic paintings
Roelna Bashew – Visual artist and sculptress
Jeff Mather – Site sculptor, community-based artist
Tim Oliphant – Professional cartoonist
Pamela Beagle-Daresta – Drawing , painting, printmaking and papermaking
Tehwan Tso – Painter and educator

規模の大きさ、パワーに圧倒です。
ちなみに、ホストとなる F.AVEですが、デケータ市立の公立学校です。4年生が10クラス、5年生が9クラス。今年の夏、新築されたばかりの建物に、2学年が入ってきました。そして、これは入場料をもらって、学校の行事運営のための資金にあてるための行事なので、基本的にはボランティアによる運営、出演です。当日がとっても楽しみ!

無事到着、新しい街

コロラドから、カンザス、イリノイ、ミズーリ、そしてジョージアに入りました。

途中エレベーター閉じ込められ事件などにも遭遇しながら、そして子供たちもじっと座ってられなくて自由にミニバンの中で歩かせたりすることもありましたが、とにもかくも、皆とりあえず無事に長旅を終えてアトランタに着きました。

街中の高速道路が片道6車線、事故により渋滞。さすが大都市。
車も、コロラドで見慣れたピックアップトラックや砂、泥をかぶったのはほとんどなく、綺麗な車が多い。

すっかり田舎のねずみになった私たちは、あちこちで見つける「SUSHI」の看板にびっくり。

まずは、夏の頭から借りていたアパートに到着しました。半地下の2ベッドルーム。
入るとなんだか臭く、ところどころ黒いものも見えます。
アレルギー喘息体質の息子は、「こんなところに住まない」と言い張ります。
ゴキブリかねずみか、何かが生息していた模様で、たしかに、一回大掛かりな掃除が必要ということで、もう少し外泊暮らしを続けることにしました。

クレイグリストに「お掃除の助け手募集」との広告を出したら、たちまち次々連絡が入ります。
夫婦で綺麗にしてくれるという人たちに$100で手伝ってもらう事になり、本当に助かりました。
結果、随分とよくなった気がします。でもにおいは気になるので、空気清浄機をフル回転。
この建物は50年代築。4軒分の貸しアパートをオーナーは売ろうとしています。あまり建物は丁寧にメンテナンスされていない模様。でも、貸し手市場の今、なかなか借りようとしても難しいので、うるさいことも言ってられませんし、ありがたく借りています。

しばらくは家具も少なく、物も少なく、学校もなく、車も壊れかけのが一台で、知り合いもいない、家族6人ひっそりと静かに、のんびりと過ごします。こういうのも引っ越しの時の醍醐味として楽しめるようになりました。でも、きっと最後の大引っ越しなんだろうな。。。と少々残念にも思いつつ。