ついムカ・イラで手を出しそうに・・・

気軽なタッピング紹介・体験会にて、3児のママとトントンする機会が与えられました。

7歳の長男がワーンワーンって騒ぐと、ついついカッとなって手をあげたり大きな音を手で立てちゃう、でも子供が怯えるようになってきているのがわかるから辛い、だから手をあげるのをやめようとしているのだけど、手に力が入って行き場がない、ということで、まずは

「ついカッとしちゃうけれど、自分を愛し受け入れます」でトントン。

次に、あ、これって、他の人に自分がダメな親だって責められたくないからなんだ、いい親、って思ってもらいたいその根底には、いい子って思ってもらいたい、っていう気持ちがあるんだ・・・責められるのが怖いんだ・・・との気づきが。

「周りに責められるのがイヤ、という感覚が手にあるけれども、自分を愛し受け入れます」でトントン。

もう一、二回ほど、何かトントンした気がするのですが、詳細を覚えていなくてごめんなさい。でも、再度、長男が取り乱しているところを想像してもらい、どのように反応するか聞いたところ、「もう抱きしめてあげたい、だって、それしかないじゃない?」とのお答えが。反応がガラッと愛に溢れるものに変わりました。

なぜ手をついあげてしまうかというと、それは長男のしつけができていない、なんていう親なんだ、っていう「責め」から自分を守るための手段だったんだ、っていう気づきがあったこと。「いい親」(過去満たされなかった『いい子』)でいるためには、手をあげるべき、という思い込みがあったことに気がつき、その意識を、意識的に改革したことによって、このような変化が生み出されました。

翌朝、感想を共有してくださいました。

「みつこさん昨日はありがとうございました。朝起きて1番外側の痛みは全てきれいになっていました。
 私の中で押し込めてきたものをすべてきれいに、生まれたての自分に戻る位に手放して痛みを取りたいと言う強い信念があるので、これからもそこから痛みが湧き上がってくる事はもちろんあるとわかっています。ただ、今まではなんとか痛みを取りたいと物理的に痛みを取り除くことにフォーカスしていて(鍼灸など)、自分自身の心のトゲを抜くような作業はできていなかったような気がするのです。でも昨日、タッピングで自分自身の心に呼びかけること、とげそのものに触れて取り除くような作業をしている感触がありました。
 そして、その後に出てきた、怒鳴られたり叩かれようとしたりすることから自分自身を守る動作によって、自分が右腕に受けていた痛みが、肩甲骨の痛みと直結していることに気づきました。その痛みを自分で、昨日の方法を使って、自分の言葉で取り除くことができました。
 これにはとても驚き、本当にできるんだと言うことにただただびっくりしました。昨日はみつこさんの言葉を追いかけている自分の中でまだなんとなく気恥ずかしい気持ちがありましたが、今日3度目をやってみたときには、心からその必死で自分を守ろうとしたその時の自分に対して励ますように愛情を持って話しかけることもできて、本当に自らを愛し許すと言うワークが、理屈でなく実践できていたと感じます。」
お母様ご自身が楽になるだけでなく、次世代への負の連鎖を断ち切る道具としても、とても強力ですね。
気の通るとされる経絡は、呼吸器系、循環器系、などと似たような、気の循環系(?)の一部なので、まだ科学的に十分に認識されていないものです(西洋ベースの人たちには)。
でも、悪玉・善玉が循環器系に影響を及ぼすように、タバコや綺麗な空気など、何を吸うかで呼吸器系、ひいては全身に影響があるように、どのような感情や記憶を体内に止めておくかで、気の流れが影響を受けるのです。
考えてみてください。気が塞がっている人、元気いっぱいな人、なんとなく陰気な人、陽気な人、などなど。気を自己メンテナンスできることで、人々の生き方、社会のでき方が変わってくるのは必至です。
聖書の中でも最も大切とされている「信仰・希望・愛」にアクセスできるかどうかというも、気の詰まりを取り除くことで(幼少体験などを処理することで)変わってくるのだと確信しています。
彼女はまた、このような洞察もくださいました。
「ここからは実体験の報告ではなく、感想になりますが。実際に体に痛みや不調を抱えたり、気の流れが悪くなるまで自分を追い詰めてしまっている人にとって、自分を許し愛すると言う事は、とてもとても難しいことで、そのことによって自分自身が自らを助けるそして成長させ、輝かせることができると言うことを、納得し行動し、それらを信じると言うことが、できるまでに大多数の人が、気が遠くなるほどの時間を費やすと思います。それができずに死んでいく人もたくさんいます。
祈りと調和と愛の力で次世代の子供たちに教訓を残すために教え導き共に歩む使命を、この世に生きる者として、今これからの人生をしっかりとした役目を持って生きる人間であることを強く望んでいます。」
このような方愛に溢れた方だからこそ、もう気になっていた気詰まりを取り除きたいという準備がたくさんされていた方なので、私も驚くような速さで、改善されたのだと思います。大変貴重な体験をさせていただき、ぜひ共有したく載せました。
感謝しつつ
広告

Rhea Lana’s Children’s Consignment Sale

10月6日から10日まで、Rhea Lana’s Consignment Sale なるものが催されます。随分と大規模な、子供用品の中古マーケットのようです。状態の良い、きれいなものがたくさんある方は、子供用品を処分するチャンス!私のようなケチケチショッピングが好きな方は、お得に良いものが買えるチャンス!

いくつか参加の方法があります。

  1. 買い物客としていく
  2. 出品する。今からホームページで登録できます。一日早く入場、買物ができます。
  3. ボランティアする。これも今から登録可。出品者と同様、一日早く入場、買物ができます。

場所はこちら:North DeKalb Mall

 

現代子育て事情 <学校ボランティア編>

子供は確かに勝手に「大きく」はなっていくけれど、よりよく育てようと思ったら放ってはおけない。

学校で親がボランティアをすることの大切さについてです。

以前日本にほんのしばらく住み子供を学校に送った時の記憶です。PTAで「どの委員会に参加するか」紙に丸をつけてた異種することになっていました。ベルマーク係を選んだ気がします。こちらでは、一般的に強制ではなく、自主参加のかたちをとることが多いようです。

もし状況が許されるならば、学校の行事に積極的に参加すること。たとえ言葉が話せなくても、イベントのお片づけを手伝うだけでも、周りの人々は顔や存在を覚えてくれます。すぐに人間関係作りにつながらなくても、ちょっと居心地悪くても、子供のためと思って頑張ってみましょう。無理に笑顔を振りまく必要はありませんー疲れるから。でも、チャンスがあれば、自分と自分の子供の名前を言って、売り込んでおく事。頼まれたら気持ちよく引き受けて最善を尽くす事。完璧でなくてオーケー。適当で大丈夫。

政府が、地域が、家族親戚が、自然と育ててくれるのではなく、自分の子供を育てるコミュニティは自分たちでつくりあげる。ある意味、学校、ご近所さん、友人たちにも恩を売っておくっていうことにもなるかしら?「情けは人のためならず」ですね。まずは先に手を差し伸べてみましょう。子供たちを取り巻く人々の子供たちを見る目も変わってくるはずです。

 

 

 

デケーター市立学校、入学者昨年比10%急増

CBSアトランタで取り上げられたように、近年良い教育環境を求めて家族連れが多く移り込んできているデケーター市では、今年も大きく入学者が増えました。昨年新築開校されたばかりの4、5年生の学校も、すでにいっぱいっぱいで、建て増しを検討しているとのこと。

ビデオのリンクはこちらをクリック

デケーター市内に移住を考えられる場合には、住宅供給量の少なさと兼ね合わせて、早めの対策とそれなりの覚悟が必要です。私たちは町の端の端に落ち着くまでに市内で9ヶ月の間に3度引っ越ししました。

比較的進歩的、多様性が受けられている住みやすい町、との評判があったデケーターですが、近年、富裕な白人層がどんどん流れ込んでいる様子で不況の中でもここは物件の入手が著しく困難かつ高額。多様性は薄まってきているという声もあります。学校も、人気があるのは嬉しいけれど、施設が足りなくなる、などなど。旧来からの地元の人たちにとっては、地域全体にとては悪い方向の変化でないにしても変化は変化、しかも急激な変化。嬉しい悲鳴?というところでしょうか。

Decatur Arts Live − F.AVE(4&5年生の学校)にて

「デケーターに住んで、そこから一歩も出ない人もいる」と噂には聞いていましたが、本当にこの小さな街、色々揃って充実しています。
日用雑貨食糧店、お医者さん、学校。。。その位は以前の小さめの田舎街でも揃っていましたが、ここが都会だなと想わされるのは、文化的行事の多さです。

息子の小学校で、昨年に続き二回目の ”Decatur Arts Live”が開催される予定です。何人か呼ばれて出し物があるのかな、と思い、リンクをたどってみると。。。。あけてびっくり玉手箱。ざっとこんなに長いリストが出てきました。。。。

D’vine         – African-American inspirational and patriotic music trio
Manga African Dance – African Dance
Dave Holland – Educator, performer, drummer
John Jaramillo – Native American dance and music
Rob Cleveland – Storyteller, comedian and actor
Laughing Matters – Improvisational comedy troupe
Nella Rigell – Harpist
Cathy Kaemmerlen – Storyteller and actress
Kay Rosenblum – Acting and storytelling
Andy Offutt Irwin – Musician and storyteller
Synchronicity Theatre – Threater ensemble
Ron Anglin – Educator and juggler
Gateway Performance Productions- Mime, dance, acting and pupptery
Holly Stevenson – Actress, storyteller, actor, writer and singer
Celtic Fire – Irish music and dance
Lisa Chyn/An Fong Dance Ensemble – Chinese dance
Sherry Norfolk – Storyteller
Chetter Galloway – African and African-American storytelling and drumming
Tersi Bendiburg – Hispanic culture and storytelling
Pickleshoes – Dance and performing arts
Barry Stewart Mann – Actor, storyteller, writer and educator
Aire Flamenco – Flamenco Dance
Marty Barrett & Pat Bell – Storytellers, actors, and educators.
Vega String Quartet – Chamber music string quartet
Capitol City Opera – Fully staged and costumed opera for children
Sapien – Stories and traditional music from around the globe
Wendy Bennett – Singer, storyteller, puppeteer
Jeff Johnson – Musician and educator

Artists
Sylvia Cross – Teacher, writer and painter
Karin Mervis – Community murals; acrylic, mixed media and encaustic paintings
Roelna Bashew – Visual artist and sculptress
Jeff Mather – Site sculptor, community-based artist
Tim Oliphant – Professional cartoonist
Pamela Beagle-Daresta – Drawing , painting, printmaking and papermaking
Tehwan Tso – Painter and educator

規模の大きさ、パワーに圧倒です。
ちなみに、ホストとなる F.AVEですが、デケータ市立の公立学校です。4年生が10クラス、5年生が9クラス。今年の夏、新築されたばかりの建物に、2学年が入ってきました。そして、これは入場料をもらって、学校の行事運営のための資金にあてるための行事なので、基本的にはボランティアによる運営、出演です。当日がとっても楽しみ!