ストレスと体の痛みとEFTの関係

腰痛・肩こり・顎関節症と、様々な体の悩みを助ける足圧整体をさせていただく中で気がついたのは、ストレスと身体症状の関係。過度のストレスが良くないのはよく知られていること。では、すでにあるストレス、自分の力だけでは変えられない、逃れられない中で、そこから自分に何ができるか。いろいろと探っていくうちに、感情解放テクニックス・つぼトントン療法、または英語名 Emotional Freedom Techniques(EFT) なるものに出会いました。 このEFT(感情解放テクニックス)ですが、東洋医学と西洋心理学の究極の合体、とでも言えましょう。頭部や上半身の数カ所のつぼをトントンしながら、ストレス、イライラや不安など、嫌な感情などを思い起こしながらトントンすることで、不思議なことに気持ちが落ち着く、嫌な感情から解放される、そういったものです。(つぼの位置は図を参照) 一年ほど前に出会って、試してみる価値ありとは思いつつも、半信半疑でクライアントさんたちに協力してもらい、一緒にトントンしました。「これ意味ない」という反応をいただいたのは一人だけで、圧倒的多数の人は「気持ちが楽になった」「昼寝したい感じ」「不思議ー!」との反応をいただきました。 脳科学分野での説明では、特に百会(頭のてっぺんのつぼ)に鍼刺激することによって、脳幹の野性的反応、アドレナリンの急激な分泌を伴う逃げるか戦うかという本能的な反応が押さえられるという研究結果がハーバード大学より発表されています。(正確にはこれは鍼の効果を研究したもので、EFTのトントンとは違いますが、使うつぼは同じです。) 東洋医学を受け入れられることのできる方には、脳科学的な説明でなくても、体のバランスが極端に崩れること(過度のストレス・不安・悲しみなど)を、経略を刺激することによって、自分でバランスを取り戻しやすくするという説明でも十分でしょう。 つぼの概念を持ち合わせている日本の方にはどのように受け入れて頂けるのか、興味のあるところです。当方在住しているあたりにはアジア人は少ないため、日本人の私が言うと、「へー、そんな見方があるもんか。。。」と、奇異、異色、珍しい、。。。けれど、ちょっと納得、というような反応が多く、楽しく共有させていただいています。 EFTはもちろんどんな方にも大変有効。人によってはビジネスを成長させるために使ったり、能力開発に用いたり、本当に可能性は限りなしです。でもまだちょっと信じられない。。。という方で効果を感じやすいのは、以下の様な方でしょうか。 1 涙もろい方、繊細な方、など(感情のコントロールの道具として) 2 辛い記憶や感情にさいなまされている方(気持ちが楽になるツールとして) 3 楽になりたい、なれるはず、と思う方(勉強の価値、大です) ストレスが大きければ大きいほど、痛みが大きければ大きいほど、解放度も大きく、感じやすいように思います。私はこの過去半年ほど、恐怖症(蛇、高所、閉所など)の方を対象に活動してきました。楽になる度が大きいほど、やりがいが感じられる気がするからです(自己満足ですね:)みなさんが一度のセッションで完治するわけではありませんが、25年も悩ませれていたのに、一生恐怖症と生きていかなきゃいけないって思っていたのに、こんなに変われるなんて不思議!ってご好評いただいています。 ちょっとでもこの記事が読者の方に希望をもっていただけるものとなれば、幸いです。

広告

竜巻に関しての注意事項

●竜巻(Tornado)にご注意を!

米国では毎年春季から夏季にかけて特に南部及び中西部において大規模な竜巻が発生しやすく、被害が甚大になる場
合も少なくありません。コロラド州では昨年6月に北部で家屋や建造物を損壊させる竜巻が発生しています。
竜巻が発生しやすい地方に旅行・滞在される方は、最新の竜巻情報の入手に努め、警報が発出されている場合には、
同対象地方に行かないよう、または、そこから退避するよう十分にご注意ください。

1.竜巻の兆し
(1) 空が急に暗くなる。
(2) 大きな黒い雲が低く覆い始める。
(3) 大粒の雨が降り出す。
(4) 雷鳴がとどろく。

2.竜巻が遠くに見えたら
(1) 逃げる準備を直ちに始める。
(2) 竜巻は一つとはかぎらないので、周囲を観察する。
(3) 周囲の人々に警告し、同地域のラジオ・テレビ局に通報する。

3.竜巻に遭遇したら
(1) コンクリートなどでできた頑丈な建物の中に避難する。(二階以上は飛ばされる虞があるので、一階へ。地下があれば地下へ。)
(2) 頑丈な建物がなければ、水路やくぼみなどに身を伏せ、両腕で頭を守る。
(3) 屋内では、窓から離れ、エレベーターは利用しない。
(4) 自動車、車庫、物置、プレハブなどはかえって危険である。
(5) 大スバン構造の建物(体育館、映画館、ショッピングモールなど)も危険である。
(6) 木立の多い場所は避ける。

外務省海外安全情報(スポット情報):竜巻についての注意喚起(米国)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C077

Centers for Disease Control and Prevention:Tornados
http://emergency.cdc.gov/disasters/tornadoes/

厳寒・アトランタ

今日は降雨+氷点下対策で、うちの子供達はみんな2時間早く学校切り上げです。
明日は街全体、シャットダウン。坂が多くて、雪対応できていない南部の比較的な温暖な街でたまに起きる現象です。
天気が良ければ問題ないのですが、雪はすぐに溶けるし、路面が凍ると、危険なのでということでしょう。
2年前にも似たようなことがありましたが、その時は「帰りなさい」連絡が遅く、高速道路で車たちが立ち往生したり、その結果帰宅途中の子供達も家に戻れずバスで一泊せざるを得なかったりという話がありました。
今年はその教訓から、もう少し早めの対応で、良さそうです。

EFT 感情解放テクニックを始めて

いづれ日本に帰るのだろうと思っていたのに帰れない、子供達をおじいちゃんおばあちゃんたちともっと交流させてあげられない、こちらでマイノリティーとして、親のサポートも受けられず、こちらからもしてあげられず、どうやって子供達を育てていけるのか、大きな不安を抱え苦しい思いをしました。でも、今となると、トンネルの出口が見えてきた気がします。まだ完全に抜けきれたとは言えるかはわかりませんが、もうお先真っ暗い状態からは抜けられ、随分明るさが増してきました。その過程では、何とかどうにか切り抜ける方法はないものかと色々探し求めました。その問いの答えは幾つかの方面から与えられたのですが、その一つに感情解放テクニック, Emotional Freedom Technique (EFT)があります。EFTとの出会いによって、大きく状況が好転したように思います。

ではEFTについて少し

EFTは何がすごいかというと、まずは歴史が素敵。東洋医療の経絡と西洋の行動認知学などを含めたトークセラピーが合わさったような、中国、イギリス、米国、オーストラリア、再度米国と色々な場所と人の手を経て出来上がったその過程。

それから、トークセラピーではなかなか解決や突破口を見出すのが難しい重症トラウマやPTSDなどにも、非常に高い効果を発揮してきる事実。また、体の痛みから、感情の痛みから、はたまた、金銭や精神性まで、様々なブロックにまで応用できる汎用性の高さなど。魅力がたっぷりのツールで、今では大ファンになりました。

感受性が過敏な自分のような人にとって、自分がラクになるためのツールとして有効なだけでなく、他の人をも楽にするためのお助けツールとして、とても便利な優れものです。

こんな方に

  • 虫・蛇・高い所など、何かの恐怖症を持ち合わせている方。
  • 人間関係などで、もう耐えられない!というようなストレスを非常に強く感じている方。
  • 原因不明の慢性の痛みがある方。

ちょっと最近日本語がおかしくなってきているので、この文章もちゃんと意味が通じるのか不安がありますが、もし興味がある人がいらっしゃれば、ぜひ紹介させていただきたいと思います。ぜひお気軽にご連絡ください。

参考
EFT-Japan公式サイト:http://www.eft-japan.com/

学童生徒が乗降中のスクールバスを越すと、罰金$500

運転席左側からストップサインが出ているスクールバスを追い越すと、たとえ対向車線にいても、最高級の罰金が科せられます。グイネットカウンティーで$500取られたことがありました。

デケーター市では、バスにモニターが付き、ライセンスプレートの写真がバッチリ撮られる仕組みに。

子供達の登下校時間帯の運転は、よくよくお気をつけて。。。。

Click here to download the flyer that provides diagrams and directions about the school bus stop arm technology and the state law regarding passing school buses.

アトランタは昨日の雪で交通マヒ。通学バスが動かず、帰宅できない子どもたちも。

我が家の子どもたちは学校からわずかの早帰りで、久しぶりの白景色に大喜びと思ったら、なんと巷では一度に帰宅しようとした人でアトランタ全体は大混雑、大渋滞、高速も動かず、車を残し徒歩で帰りだしたり、近くのDIY店で夜明かしとか。。。5000人ほどの子どもが自宅に帰れずに学校で泊まったり、という話も。。。。州政府も非常事態宣言を出すまでに。

こちらのリンクから写真が見られます